2011年9月12日月曜日

長距離ツーリング その2

2011 9 2

キャンプ場での一夜が明けました 昨夜は12:00近く 八尾の町から帰り着きました 途中の

コンビニで買ってきた缶ビールで晩酌とし、すぐに眠りにつきました 夜半にパラパラと雨が落ちて

来たようですが その後すぐに止んだようで 問題なく熟睡できました。今日の予定は黒部峡谷の

トロッコ列車に乗りたいと思います。AM9:00キャンプ場を出発して 国道41号を富山市に向います

途中左にちょっと入れば八尾の町です、名残惜しいので昼間の街並みを写真撮影するべく 寄り道

します。



昨夜すごい人で 埋まってた通りが? 今夜も人で埋まるでしょう!  東新町から諏訪町(日本の道百選通り)

video
video

さあー 富山ICから30分ほど北陸道を新潟方面に戻る感じで 黒部IC 到着です 、さらに30分程

県道を走って 宇奈月温泉到着です、すぐに駐車場にバイクを預けます バイクは400円也

先着のバイクが2台程 そういえばフエリーを降りてから バイクと行き会わないですねー

昨日の八尾のN氏が 唯一行き合って言葉を交わした人です、台風が近ずきつつあるので 避

けてるのですかねー でもこの二日間 降りそうで 降らないのですよ(パラパラは有りましたが)。

正午前のトロッコに片道切符を買って乗り込みます、帰りは途中下車して 温泉にでもと考えてます

す。

video


終点 欅平まで一時間二十分程 足湯に使って一休みします ガイドブックを見て思案します 

近くの温泉に入るべきか? いやせっかく来たのだから 猿飛峡展望台まで行ってくるべきか?

後者を選択しました、途中滝のような 中のトンネルなど 他では見られない上り下りの遊歩道

でした 片道20分でしたが戻りはヘロヘロ 少し後悔した暇~人です。

猿飛峡とは 黒部川本流で一番川幅が狭く 昔サルが飛び越えたそうです

やっとの思いで欅平の駅まで 戻りました 駅で一息ついて 又片道切符を買って 宇奈月温泉

まで三時過ぎの トロッコ列車に乗り込みます、いやあー疲れました 列車の中で少し コックリ 

コックリです (列車の中で舟をこぐ?) 4時過ぎ 宇奈月温泉に戻りました

明日は岐阜県の白川郷に夕刻までに 入りたいので今日は富山市内に宿泊することにして 又

国道8号線を富山市をめざします、 富山駅の観光案内所で 宿を探すつもりです、 おわらの盆

期間中はホテルの空きがないのですが 大型台風が近づきつつあるので ビジネスホテルあたり

はキャンセルが出てるのでは? と暇~人の頭では計算しています。6:00頃富山駅に着きました

車だと駐車する場所が有りませんが バイクですから 歩道の脇の隙間に止めて 駅舎の中へ

案の定何軒かのホテルが キャンセルで空きがあることがわかりました 。シングル素泊まり5000

円から んー 微妙ー ちなみに24時間営業の健康ランド(サウナ)が無いか尋ねました、 有り

ます! 少し駅からは遠いですが 親切に概略の道を 教えていただきました、電話して宿泊仮眠

が可能か? OK です 1000円分の飲食代がついて2300円 宿泊代が800円 行きましょう!

駅からはかなり離れてますが 迷うことなく見つけました、 我ながら方向感覚はさえてるようです。

「サウナ アルプス」 駐車場もたくさんあるのですが バイクで来た事をフロントに告げると玄関先

の屋根の下を指定してくれました ここならフロントからも見えるので安心です。

結構賑わってます 風呂とサウナでさっぱりして 休憩室に行きます 食堂と言うか 居酒屋と言う

べきか たくさんの 飲ん兵衛親爺 に飲ん兵衛おばさんが出来上がった状態です。

私暇~人としてはこの雰囲気は嫌いではありません 片隅でグビ グビ プハーと二回程

お腹も空いています 丼ぶり物を食すと んーん 満足じゃー 、早々に仮眠室で 眠ります

マットに毛布 大部屋ですが安眠できそうです 一番隅で おやすみなさいー 。 

その3につづく

0 件のコメント: